bizwoman
働く女性を幸せにするメルマガ『bizMag』(vol.41)
2009/1/3
発行者からのメッセージ
bizMag読者の皆様、明けましておめでとうございます。2009年も皆様にとって素敵な一年になりますようにお祈り申し上げます。今年もbizwomanをよろしくお願いします!
新年初・bizMag第41号は、ほけんし株式会社の井谷さんのインタビュー内容です。
前半は井谷さんの起業経緯と事業内容についてお伺いした内容をお届けします!
Today's bizwoman
『保健師の業界を変えていきたい。』
ほけんし株式会社
代表取締役社長
井谷 衣里さん
順天堂医療短期大学専攻科卒業。
富士銀行(現 みずほ銀行)本店、株式会社ブリヂストン、株式会社スタッフサービス・ホールディングス等の健康管理センターに勤務。
健康保険組合連合会東京連合会保健師連絡協議会役員。

■著書:
「ストップ・ザ・メタボ (社会保険出版社)」
■取材協力:
「伸びる企業には理由がある」(FujiSankei Business i)
「特定保健指導について」 (矢野経済研究所)」
「21世紀企業の研究特集 (読売ウィークリー)」
「看護大学系、専門学校ガイド (メディアプラン)」
「特定保健指導の外部委託について (産経新聞 大阪社会部)」
■講師活動:
健康経営のすすめ (フューチャーラボ株式会社)
■ほけんし株式会社HP:
http://ohn-phn.com/ohnindex.html
インタビュー
千景:ほけんし株式会社は保健師専門の人材サービスを行っていますが、社長である井谷さんご自身も保健師さんでいらっしゃいますね。
保健師さんは具体的にはどんな業務をされるのでしょうか?

井谷さん:主に大企業の中で、社員の方の健康診断や保健指導をしたり、心身の相談に乗ったりします。

千景:産業医は基本的には病気の人への診断をするのに対して保健師さんは病気予防のためのアドバイスや施策を行うのがミッションなのですね。
井谷さんが保健師になろうと考えたのはなぜですか?

井谷さん:女でも将来働きたいと思っていたのですが、その頃は女性が安定して仕事をするとなると、看護か教員の資格を取るしか無かったんですよ。 それで、何か資格を取ろうと思って、保健師を目指したのです。

千景:働きたい、という思いが先にあり、それを実現するための手段が保健師というお仕事だったのですね。
実際に働いてみて、保健師という仕事ならではのやりがいなどはありますか?

井谷さん:保健師は社員さんの色々な悩みや相談を聞くことが多いので、一見怖そうな偉い方などの弱い部分など、意外な一面を見ることがあったりするんですよ。
その人が普段見せない部分を見せてもらい相談に乗っていると、役に立っている実感があります。

千景:確かに、保健師さんは会社の中でも業務と直接の関係がなく第三者的な立場なので社員の側もリラックスして話をすることができるのかもしれませんね。
そういう意味でも、とても貴重な存在ですね。
保健師さんは女性が多いですが、仕事内容的に女性に向いているということなのでしょうか。

井谷さん:ある意味で、社員さんの母親の様な役割でもありますし、健康管理室の中でも産業医の補佐的な業務も行いますので、女性の方が向いている面もありますね。
でも、男性の保健師の方が相談に乗りやすい事例もありますし、男性でも保健師をやりたいという希望を持った人は最近は多いんですよ。

千景:確かに、社員側も女性が増えて来ていますし、逆に男性の保健師さんがいても良い気がしますね。

井谷さん:男性の視点も生かせる部分があると個人的には思っています。 ただ、男性が志願しても企業の側から「男性の保健師なんていらない」と言われてしまうこともあるのです。

千景:残念なことですね。
ニーズに合っていないのならまだしも、固定観念だけで男性に対して門戸を開かれないのは納得できませんね。
男性保健師さんにも是非想いを持って頑張って欲しいです。
井谷さんが、ほけんし株式会社を立ち上げたのには、どの様な想いがあるのでしょうか。

井谷さん:保健師の業界を変えたいと思っています。
保健師は通常大企業の衛生管理者として会社に雇用されるものですが、保健師のプロを育て企業に派遣することで、保健師の質を高めて行きたいと考えているんです。

千景:業界の常識を覆すということですね。
プロフェッショナル教育と派遣というスタイルによって、保健師さんは特別な技能を持って色々な企業で活躍することができるのですね。
保健師さん自身もより成長できると思いますし、企業としてもよりニーズに合った保健師を配置することができるということで、両者にメリットがありますね。
今後は、どういったことをしていきたいとお考えですか?

井谷さん:会社の中での社員の健康管理を第三者的にチェックすることを保健師の業務とできないかと考えています。

千景:会計士の監査の様ですね。
雇用という形ではなくあくまでも外部の監督機関として位置づけることで、そういった監査機能を強化・効率化できそうですね。
保健師の活躍の場が広がり、企業の健康管理も質が高まると良いですね!

編集後記
保健師業界の常識を変える、というとても大きな目標をお持ちの井谷さん。温和な雰囲気の外見だけでは分からない熱い想いがあるということが伝わってくるお話でした。
日々社会の中で働いていると、どうしてもある枠組みの中でできることを考えてしまいがちですが、そうではなくて、現状に対して「もっとこうなればいいのに」ということを発想する能力、そして何より思ったことを実現させるための行動に移してしまう能力というのは人の上に立つべき人の素質なのだと思います。
最新のbizwoman BLOG
働く女性を幸せにするブログ
bizwoman代表畑瀬千景のブログ最新の5つの記事です。
働く女性を幸せにするメールマガジン『bizMag』
□■
発行者
ホームページ
ブログ
登録・退会
ご意見・ご感想

:畑瀬千景
http://www.bizwoman.jp/
http://blog.bizwoman.jp/
http://www.bizwoman.jp/bizMag/
info@bizwoman.jp
                    □■
読者の皆様、このメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。
bizMagでは、女性起業家など、働く素敵な女性のインタビューや、働く女性を幸せにするための情報を皆様にお届けします。発行は月1-2回を予定しています。

メールマガジンに対するご意見・ご感想や、「ぜひこの人の話を聞きたい!」 というご要望がありましたら、下記メールアドレスまでお気軽にメールしてください。
よろしくおねがいします!
 info@bizwoman.jp
2009年1月3日 bizwoman編集責任者:畑瀬千景
Copyright 2008 bizwoman All Rights Reserved.